Uペイってどんな決済サービス?他社サービスと比較してみた

イチオシ良品
スポンサーリンク

Uペイの5つの特徴

Uペイには大きく5つの特徴があります。

端末や周辺機器を無料で貸してくれる

引用:https://payment.usen.com/u-pay/

Uペイ最大の特徴は、決済端末とプリンタなどの周辺機器を無料で貸してくれること。

仮に端末が故障したとしても、無料で交換してくれるのでありがたい。

他社だと壊れたら買い換えるか、貸与料金をもう一回払って貸してもらわなければなりません。

導入費用がかからないので、小さいお店でも安心して導入できますね。

UペイQRを使えば、QR決済にも対応

Uペイと同時にUペイQRにも申請すればQR決済にも対応できます。

引用:https://payment.usen.com/u-payqr/

QR決済は日本でも利用者が増加している決済サービスですよね。

最近は各社から色んなpayが出るほどにぎわいを見せています。

でも実は日本以上に外国の方がQR決済は浸透しているんですよ。

なのでUペイの申請と同時に申し込んでおくのが吉。

店員さん

ちなみにUペイQRも導入無料よ!

Uペイでは5種類のQR決済に対応しています。

・PayPay
・d払い
・LINEPay
・AliPay
・We Chat Pay

日本で利用者が増えているPayPayやLINEPay、また中国で主流のAlipayやWeChat Payも取り扱っています。

決済手段が多様化している現代、お店もニーズに対応することでお客様を逃がしません。

店舗外でも決済可能

Uペイ端末はバッテリーが1日持続するほど性能が良いので、屋外に持ち出して決済できます。

デリバリーの時や屋外のイベントの時などにも使えて、とても便利。

また決済時にスマホやタブレットにカード情報が残らないので、どこでも安心して使用できるのも良いところ。

契約から端末設置まで充実のサポート

Uペイなら契約から決済端末の設置、面倒な初期設定や動作テストも全てUSENの担当者が一括して対応してくれるので安心です。

お店も切り盛りしないといけないのに、慣れない設定や端末設置は面倒だし、時間もかかる。

Uペイなら担当者にお任せできるので、ストレスフリーで導入できますよ。

Uレジと連携すれば会計や管理も楽

レジとUペイ端末が連携していないと、それぞれに会計金額を打ち込まなくてはいけません。

タンサック

2度打ちは手間もかかるし、入力ミスしそう。

そこでUSENの取り扱うUレジと連携すれば、2度打ちが不要になり、売上の管理や分析もできますよ。

UレジとはiPadを利用した多機能で低価格なタブレットレジです。

USENでは飲食店に特化したUレジFOOD、小売店に特化したUレジSTOREなど、業種向け別にレジを提供しています。

ただしUペイQRはUレジと連携していないので、決済後レジでの処理が必要となるので注意。

次に、Uペイと他社の違いを比較してみましょう。

タンサック編集部
この記事を書いたし
タンサック編集部

ガイドブックには載らない島根の魅力が見つかるサイト(タンサック)をご覧いただきだんだん!
このサイトの名前にもなっちょー「タンサック」という名前は、探索という意味です。
タンサック編集部メンバーは、遊ぶのががいに好きな島根っ子。
生まれ育った島根を活気づけぇ助けになーならと考えて、地域情報を発信すーサイトを立ち上げーことにしました。
なんて、かっこつけたことを語ってしまーましたが、単に食い歩きが好きなしたちが集まって、好きなことをひたすら書いちょーだけのサイトです。

タンサック編集部をフォローする
スポンサーリンク
イチオシ良品
スポンサーリンク
タンサック編集部をフォローする
島根タンサック

コメント