美肌のお湯で温泉たまご作ってみた!玉造温泉「おもじろ窯」

見てある記
スポンサーリンク
タンサック
タンサック

こんにちは、タンサックです。

今回は玉造温泉で温泉たまごが作れる、おもじろ窯を探索に来ました。

おもじろ窯の場所は?アクセス方法

「おもじろ窯」とグーグルマップで検索すると出てくーけど、松江から玉造温泉に向かって走ぃーと、1つ目のトンネルを超えて、2つ目の「花仙トンネル」の手前にあーます。
右手におっきゃん(大きな)看板があーけん、それを目印にすーだわ。

ただ、玉造温泉から松江に向かって走ぃーと、看板が見えらんけん、「花仙トンネル」超えてすぐだわ。
通り過ぎらんやに気ぃつけてね。
玉造温泉側から見た風景↓↓

左手にあって、湯気が常に出ちょーよ。

おもじろ窯ってどんなとこ?

いろいろ書いてあーけん、タンサックがわかりやすく説明すーよ。

おもじろ窯がある場所には、江戸時代「面白村(おもじらおむら)」という村があーました。
今でも、この辺り周辺は、「面白谷(おもじろだに)」という名前が残っちょーます。
その「おもじろ」を取って、「おもじろ窯」と名付けたそうだわ。

タンサック
タンサック

面白いって意味かと思っちょったわ

この場所の、地下1,200mから湧き出てる温泉を、毎日384トン、玉造温泉の旅館に運んじょるんです。

タンサック
タンサック

ここが、まさに源泉!!ってことね。

そのタンクの近くに、おもじろ窯を作って、温泉たまごを作れるようにしたってわけ。
もちろんタダだよ。

温泉たまごを作るお湯の秘密

<玉造温泉のお湯の泉質>

●ナトリウム
●カルシウム一流酸塩
●塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
うんうん、温泉の成分が染み出ちょーわ。

古代から、肌に優しい美肌の湯って言われちょるんだけど、
そんな、お湯で作った温泉たまごを食べたら、美肌になーだらか?
タンサック
タンサック

源泉をまじまじと覗いてみたわね。


とろりとした、柔らかいお湯だけん、ずっと触りたいやな感じだけど、高温だけん無理だわ。
小さい子は注意すーだよ。

美肌のお湯で温泉たまごを作ってみた

と、ミカン用ネットを用意。

Aコープさん

もし、手ぶらで来てしまったら、車で3分の場所にAコープたまゆ店があーよ。

フックにネットを引っ掛けて・・・

10分から25分待つと書いてあー。
超アバウト(汗)
外気温と、卵の大きさによって、自分で調節するみたい。
間を取って18分・・・と思ったけど、出来ちょらんだったらショックだけん、20分待った。

・・・・・。(近くに観光出来るとことか無いけん、ひたすら待つ)

・・・・20分経過。

ゆで卵みたいにヒビとか入っちょらんけん、出来ちょーか不安・・・。

温泉たまごが出来た!

持って帰って皿に割ってみた。

コンコン、、、
パキパキパキ・・・
う、うまれる・・・!!!

パカッッ!!

おおぉ~!!!
出来てた~!!!
ちゃんと半熟に出来ちょった!!!
感動しましたわ。

タンサック
タンサック

塩かけて食ったら、まかった。

おもじろ窯の駐車場

専用駐車場みたいなもんは無いけど、おもじろ窯の近くに2、3台入って停めれーよ。

まかったけん、また来ぅね。

おもじろ窯の探索情報

■おもじろ窯
■所在地:〒699-0202 島根県松江市 玉湯町湯町
■TEL:松江市観光施設課(0852-55-5218)
松江市玉湯支所 観光振興室(0852-55-5783)
■温泉たまごを作れる時間:24時間
■定休日:年中無休
■駐車場:有(2~3台)
■料金:無料
■探索日:2019年2月18日
タンサック編集部
この記事を書いたし
タンサック編集部

ガイドブックには載らない島根の魅力が見つかるサイト(タンサック)をご覧いただきだんだん!
このサイトの名前にもなっちょー「タンサック」という名前は、探索という意味です。
タンサック編集部メンバーは、遊ぶのががいに好きな島根っ子。
生まれ育った島根を活気づけぇ助けになーならと考えて、地域情報を発信すーサイトを立ち上げーことにしました。
なんて、かっこつけたことを語ってしまーましたが、単に食い歩きが好きなしたちが集まって、好きなことをひたすら書いちょーだけのサイトです。

タンサック編集部をフォローする
見てある記
スポンサーリンク
タンサック編集部をフォローする
タンサック

コメント