松江の六地蔵さん札打ち(5番目)法眼寺(ほうげんじ)

見てある記
スポンサーリンク
タンサック
タンサック

こんにちは。タンサックです。

今回は、松江六地蔵の札打ち、5番目に行く法眼寺を探索してきました。

松江の六地蔵 札打ちの1番目は舜叟寺(しゅんそうじ)

龍覚寺は2番3番となりますので、1番目はこちらから参考にしてください。

松江の六地蔵さん札打ち(1番目)舜叟寺(しゅんそうじ)
松江の六地蔵、1番目にスタートする、舜叟寺(しゅんそうじ)を探索しました。道がわかりにくいけん、行き方、駐車場情報、お寺の様子、お地蔵様の様子など詳しく解説すーよ。

法眼寺ってどこにあるの?行き方とは

法眼寺は、キャスパルの裏あたりになーます。
ホテル白鳥から、キャスパルに向かう道。
ガソリンスタンドの信号を左です。

タンサック
タンサック

ホットモットの手前で曲がーだよ。

突き当たりまでまっすぐ。
突き当ったら、一方通行だけん、右にしか行かれん。
どん突きを道なりに左に。
小さい交差点がある。
これをまっすぐ登る。
左前のカーブミラーの下に看板がある。
和田マンションを過ぎると、駐車場が見えてきて到着~!

駐車場から寺に行く道は2通り

①正規ルート

駐車場に車を停めたら、来た道を戻ります。

坂を下って、、、
最初の交差点を右。
最初の曲がり角を右に。
真っ直ぐ進むと、法眼寺に到着。

正規ルートは、徒歩3分ってところかな。

②ショートカットルート

駐車場から、お墓につながる道があーます。
ずーっと行くと、本堂の横に出ることが出来る。

法眼寺の様子

階段の手前に、
「松江藩 代々家老 大橋茂右衛門家の墓」
とある。
調べたところ、かなり由緒正しい、歴史の古いお寺だ。

階段を登り、、、

門をくぐると、、、

広い境内。

大念寺のお地蔵様 お札はどこに貼る?

門をくぐーと、すぐに左手にお地蔵様とお札が。
お地蔵様の顔が見えないほど、所せましとお札が貼られちょー。
ここにも龍が。
こまい(小さい)けど立派。
奥にも、おふだを貼る場所があーます。いつものように鐘もあーます。

松江市橋北地区最古の法眼寺

本堂は、今までで一番でかい。
タンサックが行った時には、修繕中だったけど、屋根は国主特許の御殿造り
ここらへんでは、見ることのできない壮大な屋根だ。
お布施をするところは無かった。
橋北地区では、最古のお寺で、歴史は600年も前らしい。

こちらは大仏様?
立派でした。
心が洗われるようで・・。

法眼寺の駐車場情報

大きく開けた、平面青空駐車場があーます。
いっぱい停めれーね!!
数えたら17台だったけど、もっと停めれそうだわ。

法眼寺の札打ちが完了したら、次は、いよいよ最後の札打ち6番目の浜佐田地蔵堂に進んでね。

松江の六地蔵さん札打ち(6番目)浜佐田地蔵堂(はまさだじぞうどう)
松江の六地蔵さん札打ちの最終6番目の浜佐田地蔵堂を探索してきました。1番場所がわかりにくいけん、参考にしてね。行き方も2パターンご紹介。浜佐田地蔵堂の様子、駐車場情報など載せちょるよ。

札打ちってどうやるの?

札打ちの方法は、こちらを参照にしてください。

松江の六地蔵さん「札打ち」まるわかり!札のダウンロードあります。
島根県には古くから伝わる「札打ち」という風習があーます。身内で不幸があった場合には、速やかに札打ちに行き、成仏出来るようお祈りしましょう。札打ちのやり方、お札のダウンロードはこちら。

法眼寺の探索情報

■法眼寺(ほうげんじ)
■所在地:〒690-0875島根県松江市外中原町141
■TEL:0852-21-6573
■参拝時間:24時間365日
■定休日:無し
■駐車場:有り約17台(無料)
■決済方法:クレジット・電子マネー不可
■探索日:2019年2月26日
タンサック編集部
この記事を書いたし
タンサック編集部

ガイドブックには載らない島根の魅力が見つかるサイト(タンサック)をご覧いただきだんだん!
このサイトの名前にもなっちょー「タンサック」という名前は、探索という意味です。
タンサック編集部メンバーは、遊ぶのががいに好きな島根っ子。
生まれ育った島根を活気づけぇ助けになーならと考えて、地域情報を発信すーサイトを立ち上げーことにしました。
なんて、かっこつけたことを語ってしまーましたが、単に食い歩きが好きなしたちが集まって、好きなことをひたすら書いちょーだけのサイトです。

タンサック編集部をフォローする
見てある記
スポンサーリンク
タンサック編集部をフォローする
タンサック

コメント