満腹・満喫・満足パストグラッツェ☆風変りの人気ランチバイキング

ペロリ絶品
スポンサーリンク
タンサック
タンサック

こんにちは。タンサックです。

今回は、田和山にある「Pasto grazie(パストグラッツェ)」さんを探索してきました。

パストグラッツェはこんなお店

パピオンモール内のさんさんビル1Fに位置し、株式会社さんびるさんのフード業務のお店となっています。

イタリアンカラーの看板が目印のこちら。

玄関の両側にタルが置いてあり可愛く飾り付けがしてありました。

2Fの窓には大きく「イタリアンビュッフェ&バー」と書かれていますが、店舗は1Fなのでお間違いなく。

パストグラッツェの特徴

なんと最大80名収容できる店内。

さまざまなパーティー会場としても利用可能となっています。

ガラス張りで気持ち良い日差しが差し込む、ランチどき。

金曜の午後でしたが、平日にも関わらずたくさんの人で賑わっていました。

タンサックが食べている13時過ぎに3組ぐらい名前を書いて待っておられる方たちもいました。

繁盛しています。

食べ放題メニュー

なんといっても一番の目玉は、ビュッフェ。

お料理+デザート食べ放題、ソフトドリンクはプラス100円で飲み放題にできます。

ランチ料金込みで、一人ひと皿ずつ熱々パスタが来ます…が、

安心してください!50gと少量になっているのでビュッフェを邪魔することなく

美味しく共存してくれます。

こちらは人気NO.1のナポリピザ。

焼けたらどんどん売れていきます。店員さんの動きを要チェック!


品数もかなりあるので、目移りしちゃいますね。


こちら女性に人気、サラダコーナー。

その中の決め手が自家製ドレッシング。

評判の味だけあって、いくらでも野菜が食べられちゃいます。


イタリアンだけにとどまらず、他のバイキングとは違う一風変わったメニューが多いのが特徴です。


空腹の時って、ついつい欲張ってお皿に盛っちゃいがちじゃないですか?

落ち着いて、少しずつ・・・たくさんのメニューを楽しみましょう。


これまたテンション上がっちゃう、ご自分でどうぞシステム。

パンケーキにアイスのトッピングなんて!はぁ・・・ごぼずが出る。


ケーキもこんなに。

1口サイズが嬉しい。

ラインナップ多めで贅沢すぎる、幸せすぎる。

是非とも、デザートを堪能できる胃袋の余力を残してほしいです。

バイキングの料金

ランチ

◎お料理+デザート食べ放題

大人 1,350円(税抜) 小学生 680円(税抜) 未就学児~3才 350円(税抜)

◎ドリンク飲み放題

3才以上 100円(税抜)

ディナー

完全予約制となっています。

3000円以下・飲み放題コース

3000円~5000円・各種食べ放題コース

ふらりとは立ち寄れないので、計画を立てていきましょう。

期間限定BEER HALL

9/30まではビアホールも開催中です。

男性 4,000円
女性 3,500円

こちらも完全予約性。

タンサック
タンサック

1週間前までにご予約を。

駐車場情報

かなり広い駐車場完備。

さんびるさんの建物を利用するなら誰でも停めてOKです。

パストグラッツェを15人以上で利用するなら、無料送迎もしてくれます。

片道30分以内であれば頼んで、遠慮なくお酒も飲んじゃいましょう。

(夜ディナーのみ、マイクロバス28人まで)

※1週間前までに要予約

最後まで見てくれて、だんだん。
まかったけん、また来ぅね。

Pasto grazie (パストグラッツェ) の探索情報

■Pasto grazie(パストグラッツェ)
■所在地:〒690-0045 島根県松江市乃白町薬師前3-3
パピオンモール内 さんさんビル1F
■TEL:0852-60-2090
■営業時間:11:00~14:45 17:30~22:00(夜は完全予約制)
■定休日:年末年始
■駐車場:80台
■決済方法:クレジット可・電子マネー不可
■探索日:2019年8月16日
タンサック編集部
この記事を書いたし
タンサック編集部

ガイドブックには載らない島根の魅力が見つかるサイト(タンサック)をご覧いただきだんだん!
このサイトの名前にもなっちょー「タンサック」という名前は、探索という意味です。
タンサック編集部メンバーは、遊ぶのががいに好きな島根っ子。
生まれ育った島根を活気づけぇ助けになーならと考えて、地域情報を発信すーサイトを立ち上げーことにしました。
なんて、かっこつけたことを語ってしまーましたが、単に食い歩きが好きなしたちが集まって、好きなことをひたすら書いちょーだけのサイトです。

タンサック編集部をフォローする
ペロリ絶品
スポンサーリンク
タンサック編集部をフォローする
島根タンサック

コメント