松江神社を探索!中学生でもわかる松江神社の歴史

見てある記
スポンサーリンク
タンサック
タンサック

こんにちは。タンサックです。

今回は、松江神社の探索に来ました。

松江神社へのアクセス

松江神社は、松江城山公園の敷地内にあります。

とにかく松江城に向かってひたすら登ってください。

松江城へ行く道はたくさんあーけど、お城のすぐ下にあるけん、まんず松江城に向かって登って行けば辿り着けるよ。

タンサック
タンサック

北側にはお城

タンサック
タンサック

南側には興雲閣が

そして、松江神社はそれらの間に入って、ひっそりとたたずんでいます。

松江城のように決して賑わっている感じではないが、そこがええですわ。

松江神社ご利益

家業繁栄・厄払開運・交通安全・家内安全・地域振興・事業成功
縁結びも・・・あると信じたい。

松江神社の様子

松江城の敷地の中に、ドッシリとした石の鳥居があり、神社だと一目でわかります。
手水舎は、渡辺加兵衛尉藤原好真さんの作品で、稀にみる名作と言われちょるらしい。

タンサック
タンサック

それにしても長い名前だわ。
テストには出らんよ。

屋根にはびっしりコケがついていて、時期によっては緑になってキレイかもしれない。

松江神社の狛犬は、しっぽがピンとしていて威嚇系。
明治40年とある。
すでに100年以上前。

松江神社の特徴は?中学生でもわかるよう解説

松江神社は、かの有名な、徳川家康さんが祀ってある神社なんだがん。

タンサック
タンサック

タンサックがわかりやすく解説すーよ。

<松江神社の歴史>
明治10年・・・西川津で楽山神社(徳川家康の孫、松平直政を祀る)として建てた。
明治31年・・・朝酌の東照宮(松江城を建てた堀尾忠晴を祀る)と合併し、現在の松江神社になる。
昭和6年・・・松平治郷を祀る
<祀られている方々>
超有名で教科書にもテストにも出てくる徳川家康
家康の孫の松平直政様(松江の初代藩主)
松江の7代藩主、松平治郷(はるさと)様(お茶が大好き不昧公さん)
松江城を建てた、堀尾吉晴(よしはる)様

松江神社は、松江では有名な八重垣神社の1,000年前と比べると歴史はそんなに古くない神社ではあるが、祀られている方々が松江の歴史を感じさせる。

松江城に行くなら松江神社のお参りはマストだわ。

松江神社にある水戸黄門の印籠マーク

歴史を勉強したところで、参拝しましょう。

ひっそりながらも、なかなか立派な社殿だよ。

江戸初期の貴重な建造物なのだ。
参拝方法は、二礼二拍手一礼で。
なんと、賽銭箱には、徳川家しか使えない、水戸黄門様と同じ葵の紋が、キラッと光っちょー。

金の色あせ具合もカッコいい。
先程紹介した、明治40年ものの石灯ろうにも、水戸黄門のマークが。

タンサック
タンサック

実はもっとあるかもしれんけん、探してみてね。

松江神社の絵馬

ハートの絵馬は珍しいけんご利益大だわ。

このハートの絵馬は、なぜかここでは売っちょらん。

隣の白い建物の興雲閣か、階段を松江城入口まで降りると、ぶらっと観光案内所で売っちょーよ。

610円でした。

福徳稲荷の石積み

向かって右隣りには、福徳稲荷が鎮座。

松平家の守護神となっちょる。

こちらも石鳥居。
鳥居には、石がたくさん積まれています。

名前が福徳稲荷なだけに、石を積めば福や徳があるかもしれんね。

なるべく高いところに積んでみましょう。

松江神社の御朱印

松江神社でも、御朱印がもらえるよ。

時間など、詳しい情報はこちら↓

松江神社の御朱印「元気な83才のおじいちゃん」が書いてごされた。
今回は、松江神社の御朱印について探索してきました。書いてごされたのは、83歳のおじいちゃん。その正体とは!?

松江城周辺でもらえる御朱印・御城印

1ヶ所だけじゃもったいない!松江城の周辺でもらえる御朱印
松江城周辺で4つも御朱印がもらえるって知っちょった?せっかく来たけん、1ヶ所じゃもったいないよ。

最後まで見てくれて、だんだん。
また来ぅね。

松江神社の探索情報

■松江神社(まつえじんじゃ)
■所在地:690-0887  島根県松江市殿町1-5
松江城山公園内 二の丸、上の段
■TEL:0852-22-2324
■参拝時間:特になし
■定休日:無し。御朱印をもらいたい場合は、念の為連絡。
■駐車場:有り(有料)土日は、無料のおもてなし駐車場有。
■決済方法:クレジット・電子マネー不可
■探索日:2019年4月5日
タンサック編集部
この記事を書いたし
タンサック編集部

ガイドブックには載らない島根の魅力が見つかるサイト(タンサック)をご覧いただきだんだん!
このサイトの名前にもなっちょー「タンサック」という名前は、探索という意味です。
タンサック編集部メンバーは、遊ぶのががいに好きな島根っ子。
生まれ育った島根を活気づけぇ助けになーならと考えて、地域情報を発信すーサイトを立ち上げーことにしました。
なんて、かっこつけたことを語ってしまーましたが、単に食い歩きが好きなしたちが集まって、好きなことをひたすら書いちょーだけのサイトです。

タンサック編集部をフォローする
見てある記
スポンサーリンク
タンサック編集部をフォローする
島根タンサック

コメント