スター・ウォーズ Xウイング国内販売開始デアゴスティーニ

こしらえる
スポンサーリンク

子供の頃、ジェダイの騎士を夢見たあなた。

私も昔はライトセイバーごっこと称して、傘を振り回して親に怒られたものです。

この度、ジェダイの騎士であるルーク・スカイウォーカーの愛機「Xウイング」のモデルが、デアゴスティーニより販売されます。

2019年12月20日にスター・ウォーズシリーズ最新作の「スター・ウォーズ9〜スカイウォーカーの夜明け〜」が公開されますし、しばらくはスター・ウォーズ熱が続きそうです。

そんなスター・ウォーズはまさにSF映画の金字塔。

映画に登場し、後のSF戦闘機の代名詞となった「Xウイング」。

「Xウイング」がモデリングされたとあれば、ファンにはたまらないですね。

でも、こんな声も聞こえてきそうです。

「総額でいくらかかるの?」

「配送期間はいつからいつまで?」

「モデルの特徴が知りたい!」

そんな「Xウイング」のモデルについて調べてみました。

ぜひ、成長した大人の目線で読んでみてください。

読み終わる頃には、ジェダイの騎士に憧れた童心にかえっていること間違いなしです。

Xウイングの総額は

デアゴスティーニといえば、分冊というシステムで購入するのが有名です。

テレビCMでもたまに見かけますね。

もちろんこの「Xウイング」も同様で、全部で25号に及びます。

  • 1冊いくらで、全部買ったらいくらになるの?
  • 購入方法は?

このあたりを詳しく見ていきます。

全号購入で○○円!

分冊というのはほとんどの場合、1回目は割安になっていて、2回目以降は定価での販売です。

「Xウイング」も同じ。

第1回目 3,618円(税抜)
第2〜第25回目 6,364円(税抜)

全号での総額は、約156,000円(税抜)となります。

なかなかお高い感じですね。

デアゴさん
デアゴさん

単純に金額だけみたら、そう感じるかもしれないね。

そもそも、かなりのクオリティですし、マガジンだって付属されています。

それでこの金額は、妥当かむしろ安い方です。

一括で支払うわけではないので、月額に換算すると6,000円ちょっと。

飲み会等を、少し節約すれば問題ない金額です。

この機を逃すと手に入らないので、ファンならばぜひとも手に入れたいところですね。
デアゴスティーニ

購入方法は3種類

購入方法は以下の3種類が用意されています。

  • クレジットカード
  • 口座引き落とし
  • 振込用紙

この3つのうち、口座引き落としと振込用紙については少しだけ注意が必要です。

まず、口座引き落としですが、金融機関の登録に1〜2ヶ月かかる場合があります。

登録に時間がかかったら、その間の配送はどうなるの?

デアゴさん
デアゴさん

問題ありません!

ちゃんと届きます。

ただし、登録期間中の支払いは、経過月数分の金額を合わせての引き落としになります。

また、口座引き落としで注文する場合は、電話注文のみの受付になる点も注意が必要。

次に振込用紙での支払いについて。

振込での支払いで注文する場合は、毎号届く際に振込用紙が同梱されます。

クレジットカードがない場合は、こちらの方が手軽でおすすめ。

また、「Xウイング」の届け先住所と申込者が異なる場合には、申込者にコンビニ専用の振込用紙が送付されます。

Xウイングの期間は

「Xウイング」は、全25回の分冊で、下記のような日程で配送されます。

第1回目 2020年3月10日(火)
第2回目〜第25回目 毎月第2火曜日前後

毎月1号ずつ届くので、トータルでの期間はおよそ2年。

第25回目が届くのは、2022年3月になる予定です。

2年と聞けば、長い印象を持つ人もいると思います。

確かに単純に2年といえば長いので、考え方を変えてみましょう。

2年間もの間、没頭できるのです。

どうでしょう、むしろ楽しみになりませんか?

2年後に完成する達成感を想像するだけで、心が躍ります。

引用:https://deagostini.jp/xwg/

ちなみに、この「Xウイング」は先着300セット限定で、2ヶ月早い2020年1月に届くというキャンペーンがありました。

しかし、この記事を書いている間にあっという間に完売!

その人気ぶりは「さすがスター・ウォーズ」としか言いようがありません。

従来の期間での販売は、まだまだ間に合います。

申し込み期限は2020年2月29日までなので、忘れずに注文しましょう。

Xウイングの特徴7つ

「Xウイング」には、たくさんの魅力が詰まっています。

ファンなら絶対に見逃せない特徴は、以下の7つ。

  • 国内未販売
  • WEB限定
  • 完全再現
  • 可動ギミック
  • 発光ギミック
  • 1/18スケールの迫力
  • リモート機能搭載

YouTubeにデアゴスティーニ公式動画がアップされているので、まずはこちらをご覧ください。

スター・ウォーズ・Xウイング【国内未販売シリーズ】デアゴスティーニジャパン

十分にすごさは伝わったと思いますので、それぞれの特徴を簡単に見ていきます。

人気シリーズがついに日本で販売

この「Xウイング」は、国内未販売のシリーズです。

つまり、海外ではすでに創刊されたシリーズということ。

日本でも後発で販売されるということは、海外で絶大な人気があった証拠です。

いやでも期待が高まりますね。

書店では手に入らない!WEB限定販売

「お求めは書店にて!デーアゴスティーニ♪」

おなじみのCMで、ディアゴスティーニといえば書店で購入するイメージが強いと思います。

しかし、「Xウイング」はWEB限定販売です。

書店を巡っても見つかりませんので、注意してください。

PCやスマホなどから、確実に申し込みましょう。
デアゴスティーニ

ルークの愛機"レッド5"を完全再現

引用:https://deagostini.jp/xwg/

「Xウイング」は撮影用プロップを元に、忠実に再現されています。

プラモデルが好きな人なら、その作り込みに感動することは間違いありません。

スター・ウォーズファンなら、その感動はさらに高い次元に至るでしょう。

私もプラモデルが好きですが、「Xウイング」を見ただけでテンションが爆上がりです。

翼が展開する!可動ギミック

引用:https://deagostini.jp/xwg/

可動ギミックが、ファンのツボを確実におさえています。

Sフォイルと呼ばれる両翼が、開閉可能です。

通常時は閉じていますが、展開することでX型に両翼が開きます。

「Xウイング」という名前なので、このギミックは外せないと思いますが、見事な仕上がりに脱帽です。

映画での戦いが思い出され、テンションが上がりますね。

エンジンとレーザーが光る発光ギミック

搭載されているギミックは、可動部だけではありません。

今どき珍しくないかもしれませんが、LEDによる発光ギミックがあるんです。

引用:https://deagostini.jp/xwg/

エンジン部では、4基のノズルエンジンが赤色に発光。

映画同様のパワフルな噴射を演出しています。

引用:https://deagostini.jp/xwg/

さらに、レーザー・キャノン砲でも同様に、赤色の発光ギミックを搭載。

精巧な仕上がりになっており、映画の射撃シーンが思い出されます。

残光具合が非常にリアルで、迫力満点です。

大迫力の1/18スケール

迫力といえば、その大きさ。

1/18スケールということで、全長はなんと744mm。

身近なものと比較してみましたが、大根の葉っぱから先端までが約700mmと同等の大きさでした。

SF感台無しの比較で、ごめんなさい。

とにかく、大きさについてはイメージしていただけたと思います。

この大きさで両翼が開閉したり、LEDが発光するんです。

その迫力は大根どころの騒ぎではありません。

大根はもういいよ(笑)

タンサック編集部
この記事を書いたし
タンサック編集部

ガイドブックには載らない島根の魅力が見つかるサイト(タンサック)をご覧いただきだんだん!
このサイトの名前にもなっちょー「タンサック」という名前は、探索という意味です。
タンサック編集部メンバーは、遊ぶのががいに好きな島根っ子。
生まれ育った島根を活気づけぇ助けになーならと考えて、地域情報を発信すーサイトを立ち上げーことにしました。
なんて、かっこつけたことを語ってしまーましたが、単に食い歩きが好きなしたちが集まって、好きなことをひたすら書いちょーだけのサイトです。

タンサック編集部をフォローする
こしらえる
スポンサーリンク
タンサック編集部をフォローする
島根タンサック

コメント