「狼スープ」のカップ麺が新発売!生姜と焦がし味噌がたまらない

ラーメン女子部
スポンサーリンク
タンサック
タンサック

こんにちは。タンサックラーメン女子部です。

今回は、ローソンで新発売の、狼スープ(濃厚味噌らーめん)を探索してきました。

味噌らーめん専門店「狼スープ」

キラキラしてる狼のイラストが目を引く、明星の「狼スープ(濃厚味噌らーめん)」。

味噌ラーメンといえば札幌!

「狼スープ」は札幌市にある行列ができる名店なんです。

その店主が監修してできたこのラーメンは、カップラーメンとはいえ、かなり奥深い濃厚な味噌スープが特徴。

なんと「狼スープ」の店主は、あの味噌ラーメンの名店「すみれ」で修業した方なんです。

味噌ラーメンへの熱い想いがこのカップラーメンにも染み出ていることでしょう。

そして「濃厚味噌らーめん」の文字の下に「生姜の香りと焦がし味噌」の文字が・・・。

味噌と生姜なんて、女子にはたまらない組み合わせですよね~。

そんな魅力的なラーメンを、行列に並ばずに食べられるとは嬉しい限り。

今回私はローソンで買ったのですが、セブンイレブンでも発見しました。

他にもファミリーマートやミニストップでも販売しているという情報も・・・。

店舗によって置いてないところがあったりしますが、1つのコンビニ限定ではないので安心です。

さっそく見ていきましょ~。

気になるカロリーは397kcal。

思ったよりカロリーが低くてビックリ。

カップラーメンの代表格「日清のカップヌードル(醤油味)」のカロリーが351kcalですから、「濃厚味噌」でこのカロリーなら罪悪感も多少薄れるかな。

待ち時間は5分。

最近のカップラーメンは麺にもこだわっているので、5分タイプが多くなってきましたね。

  • 野菜かやく
  • チャーシューかやく
  • 粉末スープ
  • 液体スープ

4種類の袋がありました。

2つのかやくはお湯を入れる前に投入。

粉末スープと液体スープの「スープ系」は後入れタイプです。

作り方

蓋を開けてみました。

「わー!」というものは入っておらず、麺だけです。

まずかやく2種類を入れてお湯を注ぎます。

待つこと5分・・・。

5分タイプのカップラーメンに慣れてきたのか、昔ほど「長いな~」という感覚もなく、ウキウキしながら待機。

5分経ったら後入れのスープたちの出番です~。

まず粉スープを入れます。

袋からサッと粉が出てきたとたんスゴイんです、生姜の香りが!

めちゃくちゃいい香りでもうすでに美味しそう~。

そして液体スープも入れます。

おっ、こちらは焦がし味噌の香りだぞ・・・。

なるほど。

粉スープ=生姜
液体スープ=焦がし味噌

両方いれて「狼スープ」の出来上がりってわけですね。

見た目

ん~いい匂い!

「生姜・焦がし味噌・にんにく」のハーモニーが鼻から喉を通り、胃にまで入ってきてたまらない・・・。

かやくのネギがけっこう大きめです。

チャーシューは小さめで、このくらいの薄さ。

まぁカップラーメンのチャーシューはこんなもんかな。

 

スープはさらさらしていますが、底が完全に見えないくらいの濃い色です。

なかなか具が多めで、スープをすくいたいのに、すくってもすくってもネギが入ってくるという嬉しい感じ(笑)

食べた感想

 

タンサック
タンサック

いただきまーす!

麺は中太で少しちぢれているため、スープがよーく絡みます。

モチモチで麺にもこだわってるなぁという感じ。

そんなおいしい麺ですが、それ以上に驚いたのがスープの濃厚さ!

想像以上に生姜が口の中に広がって、本当に美味しい~。

濃厚な味なのにドロッとしていないので、スープも飲みやすい。

そして最後に残る「焦がし味噌」の香ばしい香り。

食べてる手が止まらず、次から次へとすすります。

クセになる味ってやつ。

少し頼りないチャーシューですが、麺と一緒に食べちゃいます~。

もう397kcalとは思えない濃厚さと、生姜とにんにくの効いたスープが私を満足させてくれます!

残ったスープにごはんを入れても絶対合う。

目標体重までダイエットが成功したら、"ご褒美"の狼スープをもう一度・・・。

次はごはんを入れてスープまで飲み干すのだ~!

タンサック
タンサック

実際のお店の味も気になる美味しさでした~

データ

■狼スープ(濃厚味噌ラーメン)

コンビニ ローソン
味噌味
待ち時間 5分
スープの濁り 濁ってる
探索日 2020年1月14日(食べた日にち)
タンサック編集部
この記事を書いたし
タンサック編集部

ガイドブックには載らない島根の魅力が見つかるサイト(タンサック)をご覧いただきだんだん!
このサイトの名前にもなっちょー「タンサック」という名前は、探索という意味です。
タンサック編集部メンバーは、遊ぶのががいに好きな島根っ子。
生まれ育った島根を活気づけぇ助けになーならと考えて、地域情報を発信すーサイトを立ち上げーことにしました。
なんて、かっこつけたことを語ってしまーましたが、単に食い歩きが好きなしたちが集まって、好きなことをひたすら書いちょーだけのサイトです。

タンサック編集部をフォローする
ラーメン女子部
スポンサーリンク
タンサック編集部をフォローする
島根タンサック

コメント