松江の子育て支援を体験☆一時預かりや育児援助のサービスは 

見てある記
スポンサーリンク
タンサック
タンサック

こんにちは。タンサックです。

今回は、松江の子育て支援、ファミリーサポートセンターを使って、実際に一時預かりの制度を利用してみたのでレポートします。

松江市のファミリーサポートセンターとは

松江市には、子育ての手助けをしてほしいという「おねがい会員」と、子育ての手助けがしたいという「まかせて会員」という人がいます。

そして、おねがい会員と、まかせて会員の間を取り持ってくれるのが、まつえファミリーサポートセンターです。

まつえファミリーサポートセンターは、松江市立病院の隣の建物、松江市保健福祉総合センターという堅苦しい名前の場所に事務所があります。

そのファミリーサポートセンター(長いのでファミサポと呼ぶ)がおねがい会員とまかせて会員をマッチングさせてくれて、おねがい会員の元にまかせて会員を紹介してくれます。

タンサック
タンサック

いわゆる派遣会社みたいな感じだね。

今回は、タンサックがおねがい会員として実際にサポートを受けてみたので、レポートします。

おねがい会員はどんな時に利用できる?

子育ての手助けをしてほしい「おねがい会員」とはどんな状況の時にお願いすることが出来るのでしょうか。

実は、こんなにも自由な理由でお願いすることが出来ます。

未就学児の場合

  • 保育所・幼稚園の送り迎えとその前後の預かり
  • 保育所や幼稚園の休みの日の預かり
  • 美容院や買い物など外出したい時
  • 夜泣きが続いて眠れない。少しゆっくり休みたい。
  • 上の子の参観日。下の子を預けたい

小学生の場合

  • 学童のお迎えと、その後の自分の仕事が終わるまでみてほしい
  • 子供の習い事の送り迎えとその前後の預かり
  • 夫婦でゆっくりしたい時
  • 小学校の休みの日の預かり
タンサック
タンサック

美容院に行く間とか、ちょっとゆっくり寝たいからとか、本当に自由な理由でお願い出来るにー。

誰が利用できる?

0才から小学校6年生までのお子さんをみてもらうことが出来ます。

「松江市に住んでいる」、もしくは、「松江市で働いてる」保護者が条件になります。

基本的にまかせて会員の方と子供とのマンツーマンなので、きょうだい2人は同時にみてもらえません。

登録はどなたでも無料で出来ます。

料金は

一般保育 昼間 300円/30分
早朝・夜間 400円/30分
土日祝 400円/30分
病児保育 400円/30分

昼間時間とは7:00~19:00です。

当日キャンセルは、50%かかります。

病児保育は、軽度な病気の場合になります。

タンサック
タンサック

お願いすれば薬もちゃんと飲ませてくれるよ

登録までの流れ

①ファミリーサポートセンターに電話して申込資料をもらう

まつえファミリーサポートセンター(0852-32-0850)

<最寄りの支援センターにも置いてあります>

おもちゃの広場(スティックビル)
美保関子育て支援センター
たまゆつどいの広場
宍道子育て支援センター
東出雲子育て支援センター
鹿島子育て支援センター
やくも子育て支援センター

②申し込みに必要なものを準備する

申し込みに必要なもの

  • 会員となる保護者の写真(縦3cm×横2cm)×2枚
  • お子様の写真×1枚
  • 印鑑

家にプリンターがあればスマホで自撮りして、印刷するのが一番コストがかかりません。

もしプリンターがなければ、「コンビニ証明写真アプリ」で写真を撮ってコンビニで印刷することが出来ます。

アプリで「コンビニ証明写真」と検索してみてください。

③市立病院隣の松江サポートファミリーセンターに申込に行く

申し込みをしたその日に会員証が発行されます。

これでおねがい会員の登録は完了します。

もし、お願いしたい日があれば、その時に伝えましょう。

お願いしたい日がまだ決まっていなくても、事前に登録しておきましょう。

会員登録したと同時に、自動的に3つの保険に加入になります。
これらの保険は、松江市が負担してくれています。●「依頼子ども傷害保険」
預かってもらっている間の事故
●「サービス提供会員傷害保険」
移動中の交通事故
●「賠償責任保険」
預かっている子どもが他人をケガさせた、物を壊した

実際に一時預かりを体験

お願いしたい日が決まったら

預かってもらいたい日が決まったら、早速ファミサポに連絡しましょう。

すると、その日空いてるまかせて会員さんを探してくれます。

まかせて会員さんが決まったら、その方の名前と電話番号と住所を教えてもらいます。

まかせて会員さんに連絡する

ファミサポに教えてもらった連絡先に、自分で電話をかけて、まかせて会員さんと連絡を取りましょう。

まかせて会員さんに直接連絡をとって、面談する日程を決めることになります。

面談する日程が決まったら、会いに行きましょう。

まかせて会員さんに会いに行く

まかせて会員さんとの、顔合わせと、事前の打ち合わせをします。

まかせて会員さんに会いに行く時は、「事前打ち合わせ内容」の用紙を書きましょう。

裏もあって、書くことはいっぱい。

頑張って書きましょう。

子供と一緒に、スティックビルで初顔合わせをし、事前打ち合わせ内容の紙を渡しました。

50代くらいのベテランそうなおばさまで、場数をこなしている人だったので、安心感がありました。

この日に面談したまかせて会員さんが、私の専属になり、その後はその方の都合に合わせてお願いすることになります。

ただ、まかせて会員さんの変更希望や、専属のまかせて会員さんとの都合が合わなかった場合は、ほかのまかせて会員さんをファミサポにお願いすることになります。

その時には、また事前打ち合わせ内容の紙が必要になるので、コピーしておいたほうがいいかもしれませんね。

打ち合わせが終わったとファミサポに連絡

まかせて会員さんと打ち合わせが終わったことをファミサポに連絡する

  • まかせて会員さんと無事に打ち合わせが終わったこと
  • お願いする日が確定したこと

以上、2点をファミサポに報告しましょう。

いよいよ一時預かり当日

当日は、スティックビルのおもちゃの広場で、面談をしたまかせて会員さんと待ち合わせをしました。

おもちゃの広場でそのまま子供を預け、その場で子供を2時間ほどみてもらいました。

子供を預けて別れる時には、1歳半の息子はギャン泣き。

しかし、まかせて会員さんは、「大丈夫、大丈夫」と、心配で離れがたい私の背中を押してくれました。

子供が泣いていても頼もしかったのを覚えています。

私は無事に用事を済ませることが出来ました。

援助活動の報告書を受け取る

用事を済ませて、いざ我が子の元へ。

私の顔を見つけて、飛びついてきてくれました。

まかせて会員さんからは、「援助活動の報告」を受け取ります。

↑これは例ですが、このように事細かく詳細が書かれていて安心しました。

現金をその場でその方に支払い、印鑑を押す。

これで一時預かり、1回目終了。

今後、ずっとその方が自分の担当になり、預かってほしい時には、直接アポを取ります。

そして、預かりの日が決まったらファミサポに報告するだけとなっています。

一時預かり制度の感想

まかせて会員さんから、報告書ももらいましたが、それと同時に自分がいない時の子供の様子を事細かく口頭で教えてくれたのですごくよかったです。

今回、自宅ではなく、支援センター(おもちゃの広場)で預かってもらったので、支援センターに常駐している人や、おもちゃの広場に遊びに来ていたママさんなどにも、子供の事を気にかけてもらえたので、いい環境で預けることが出来ました。

初めてだったけど安心して任せることが出来たので、ぜひまた利用したいと思いました。

支援センターだったら、自宅で子供と2人きりにさせるのは不安という方におすすめです。

おねがい会員は、登録した日からすぐに使えるわけではありません。

まかせて会員さんをマッチングさせてもらったり、打ち合わせをしたりするので、登録してからも少し時間がかかります。

いつでもお願いが出来るように、早めに申込をしておきましょう。

タンサック
タンサック

ちなみに、まかせて会員の登録者も、かなり募集中!

経験や資格が無くても、講習会あり。

ブランクがある人でも、スキルアップの為の講習会もあります!

子供好きな方は、ファミサポに連絡してみてくださいね。

最後まで見てくれて、だんだん。
また見てね。

松江市子育て支援の探索情報

■松江サポートファミリーセンター
■所在地:〒690-0045 島根県松江市乃白町32-2
松江市保健福祉総合センター1階(市立病院隣)
■TEL:0852-32-0850
■営業時間:9:00~17:30
■定休日:日曜・祝日
■駐車場:松江市立病院の駐車場(駐車券は必ず持って行きましょう)
■決済方法:クレジット・電子マネー不可
■探索日:2019年7月31日
タンサック編集部
この記事を書いたし
タンサック編集部

ガイドブックには載らない島根の魅力が見つかるサイト(タンサック)をご覧いただきだんだん!
このサイトの名前にもなっちょー「タンサック」という名前は、探索という意味です。
タンサック編集部メンバーは、遊ぶのががいに好きな島根っ子。
生まれ育った島根を活気づけぇ助けになーならと考えて、地域情報を発信すーサイトを立ち上げーことにしました。
なんて、かっこつけたことを語ってしまーましたが、単に食い歩きが好きなしたちが集まって、好きなことをひたすら書いちょーだけのサイトです。

タンサック編集部をフォローする
見てある記
スポンサーリンク
タンサック編集部をフォローする
島根タンサック

コメント